安全性

各業界において他社との差別化は重要な課題となっています。
新たなビジネスモデルを導入しようとしてもコストやリスクが高ければ躊躇してしまうものです。
そこで酸素カプセルを設置することで、集客効果があるだけでなく客単価アップが目指せます。
具体的にはスポーツジムやゴルフ場など体を動かす施設であれば、帰宅前に体力を回復しようと利用する可能性があります。
また整体院やマッサージ店そしてサロンなどでは、酸素カプセルを導入するだけで良いため人手や技術はであり、安全な運用だけを心がければ良いのです。
最近ではビジネスホテルなどにも設置され施設の目玉になっています。
ホームページやチラシなどでも宣伝しやすくなるというメリットもあります。

酸素カプセルは製造メーカーが直営店や正規取扱店を通じて販売をするケースがあります。
最近の製品はスマートなサイズとなり縦型に設置できる商品もありますが、それでも常時展示しておくのはスペースを取りますので、カタログ販売をしている店舗が多いです。
製造メーカーがショールームを保有している場合は、そこで営業マンが製品の説明をして販売をします。
リラクゼーションをテーマにした大規模な商談会も開催されているため、その場合には実物を運び込んで展示をします。
また酸素カプセルの場合、導入する店舗やショップで買い取るのではなく、レンタルという形で契約することがあり、定期的にメンテナンスを担当するメーカーのスタッフもいます。