高圧酸素

酸素カプセルと言えば、斎藤佑樹投手が早稲田実業時代に夏の甲子園で連戦を戦い抜く中で使用した事で、世間一般に広く知られたのは記憶に新しい。
近年では、酸素バーなど酸素と言う存在が身近な物になった。
周知の事実である、酸素を体に多く取り入れる事で得られる疲労回復効果。
これは言い方を変えれば、リフレッシュ効果がある事でもある。
某外資系企業が、社内に酸素カプセルを導入している事で、酸素カプセルは社員に対するモチベーション維持及び戦う社員のひとときの安らぎを与えるツールとなっている。
それに習い、国内企業でも導入する傾向が見受けられる。
会社は社員の心身のリフレッシュ効果によるモチベーションアップのツールとして導入する。
社員はビジネス環境が整備され、より会社への貢献意識が高まる。
社員想いの会社は、俗に言うブラック企業の反対、ホワイト企業として認知される。
事実、ビジネスシーンで多くの会社が悩む求人に関しても、この好循環がもたらす影響は多大である。

昨今のビジネスシーンでは、過剰な就労時間が幾度となく取り上げられる。残業に残業が重なり、日をまたいで終電で帰り、早朝に出社する光景は都心部においてよく見られる。
そんなビジネスシーンの中で、現代の働く世代は効率的で効果的かつ時短の疲労回復、健康用品を求める傾向がある。事実、効率的で効果的かつ時短の疲労回復系健康グッズは爆発的に普及している。
しかしこれらが与える影響は、酸素カプセルが叶える効果、効率には勝てない。時間にしてもほぼ同等の時間で叶える。
もし酸素カプセルが全企業に配置されていたら、もし休憩時間を利用して全社員が常にリフレッシュした状態で労働出来ていたら。皆さんもお分かりなはずだ、隙間時間に絶大な効果を発揮する酸素カプセルが配置された企業の明るい行く末を。
このツールは疲れた時にこそ、効果を感じると多くのスポーツ選手は語る。一般市民が疲れを感じる多くの機会を与えるのは、まぎれも無く仕事だ。
この仕事の隙間時間に、最高の疲労回復ツールが待ち構えている就労環境を実現する社会になってほしい。これは日本経済の発展にも、大きな役割を果たす事は間違いない。